総文字数に関するSEO対策について

文字数

総文字数については、様々な説があります。

「良質なコンテンツ」が重視されている中、一つの事に関し、共起語などを交えながら説明していくと、文字数は確実に増えていきます。個人的には、記事を書く際、似たキーワードでWikipediaで検索し、その説明文程度の文字数は書くようにしています。

ただ、Googleのガイドラインでも特に示されていないため、SEO対策として、どれが正解と言い切るのは難しいでしょう。

当サイトでは、SEOマスターProfessionalに基づき、上位に表示されるサイトにおける総文字数の傾向を元に考察します。

  • このSEO対策は、株式会社ディテイルクラウドクリエイティブが提供するSEOマスターProfessionalを元に記述しています。SEOマスターProfessionalは、検索エンジンに最も好かれるためのページ修正を、高い精度で行うことができるソフトウェアです。アルゴリズムの随時変更にも対応し、最新の分析データーを元にページの採点や問題点の指摘を行います。
  • nookはSEOマスターProfessionalの正規代理店です。
  • 当サイト記載内容の利用により発生したいかなる損害についても、当サイトは責任を負わないものとします。

(作成:2017-06-30 更新:2017-10-15)

コンテンツ内の文字数

5,117文字以上が目安とされる傾向にあります。

コンテンツバランス

  • 重要と思われる情報が書かれている段落は、できる限りページの上部(ユーザーの目に付きやすい位置)に配置してください。
  • 長くなりすぎる場合は、複数ページに分けた方が良いでしょう。