YEAR関数 ~日付に対応する年を返す~

関数解説:鈴木 ひろえ

目的:

シリアル値(日付)を年に返す

構文:

=YEAR(シリアル値)

※ シリアル値:Windows版は「1900/1/1」、Mac版は「1904/1/1」を「1」として、そこからの経過日数を数値化したもの

使用例:

【例1】日付から年だけを求める(西暦)

Before / After イメージ

セルB1の「年月日」から、セルB3に「年」だけを求めます。

ステップ

1.「年」を求める、セルB1を指定する

  • セルB3に求められた「年」は数値化されているため、セルの書式設定は「標準」にしてください。

【例2】日付から年だけを求める(和暦)

Before / After イメージ

セルB1の「年月日」から、セルB3に「年」だけを求めます。

ステップ

1.「年」を求める、セルB1を指定する(YEAR関数は使わない)

  • セルB3に求められた「年」は数値化されているため、セルの書式設定は「ユーザー定義」で「ggge”年”」にしてください。
  • YEAR関数を使って和暦を求める場合、他の関数と組み合わせる必要があるため、その方法は別の回で説明します。
  • 西暦も「年」を求めるセルを指定し、セルの書式設定は「ユーザー定義」で「yyyy」にすることでYEAR関数を使わずに「年」を求めることができます。

参照