TIME関数 ~時間を計算する~

関数解説:鈴木 ひろえ

目的:

時、分、秒から時刻を求める

※ 返される小数は0 ~ 0.99988426で、0:00:00 (午前0時) から 23:59:59 (午後11時59分59秒) までの時刻で表されます。

構文:

=TIME(時, 分, 秒)

※ 時刻を表す数値を 0 ~ 32767 の範囲で指定し、省略した場合0と処理されます。
※ 時、分、秒は次のように計算されます。

23 を超える値は 24 で除算され、余りが時として計算される。(例:TIME(26,0,0) → 午前2時)
59 を超える値は時、分に変換される。(例:TIME(0,65,0) → 午前1時5分)
59 を超える値は時、分、秒に変換される。(例:TIME(0,0,65) → 午前0時1分5秒)

使用例:

【例】実労働時間を求める

Before / After イメージ

セルA2「出勤時間」、セルB2「退勤時間」、セルC2「休憩(分)」から、セルD2「実働時間」を求めます。

ステップ

1.「セルB2「退勤時間」からセルA2「出勤時間」を引き、そこから、時間に換算したセルC2「休憩(分)」を引く

セルD2に求められた「実働時間」は数値化されているため、セルの書式設定は「ユーザー定義」で「h:mm」にしてください。

参照