COUNT関数 ~個数を数える~

関数解説:鈴木 ひろえ

目的:

数値の個数を数える

※ 論理値、文字列、エラー値の個数を数える場合は、COUNTA 関数を使用してください。
※ 特定の条件を満たす数値だけを対象とする場合は、COUNTIF 関数または COUNTIFS 関数を使用してください。

構文:

= COUNT (値1, [値2], …, [値255])

使用例:

【例】注文社数を数える

Before / After イメージ

注文個数(セルB2~セルB6)から、セルB8に注文個数を求めます。

ステップ

1.注文個数のセルB2~セルB6を指定する

※ 数値だけが計算対象となるため、範囲に含まれる空白セルや文字列等は無視されます

参照