IF関数 ~条件から処理を振分ける~

関数解説:鈴木 ひろえ

構文:

= IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)

※ 論理式(条件)が「TURE」であれば「真の場合」の処理、「FALSE」であれば「偽の場合」の処理が返されます。

使用例:

【例1】参加費を表示する

Before / After イメージ

参加希望「〇」(セルB2~セルB6)から、参加費¥5,000を(セルC2~セルC6)表示させます。

ステップ

1.もし、セルB2の参加希望「〇」であれば(論理式:B2=”〇”)、セルC2に「5,000」を表示させ(真の場合:5000)、不参加であれば空欄を表示させる(偽の場合:””)

【例2】平均以上の売上の場合「〇」を表示させる

Before / After イメージ

売上(セルB2~セルB6)が平均(340)以上の場合、「〇」(セルC2~セルC6)を表示させます。

ステップ

1.もし、セルB2の売上がセルB2~セルB6の平均以上であければ(論理式:AVERAGE(B2:B6)<B2)、セルC2に「〇」を表示させ(真の場合:”〇”)、平均以下であれば空欄を表示させる(偽の場合:””)

※比較演算子

参照

  • Microsoft「IF関数」– Office Support