OR関数 ~いづれかの条件が当てはまるか~

関数解説:鈴木 ひろえ
※すべて条件が当てはまるか調べる場合は、AND関数を使用します。

構文:

= OR(条件1, [条件2], …, [条件255])

使用例:

【例】注文金額が¥10,000以上、または、注文回数が5回以上の場合、¥1,000の値引きが発生(IF関数と組み合わせる)

Before / After イメージ

注文金額(セルB2~セルB4)が¥10,000以上、または、注文回数(セルC2~セルC4)が5回以上の場合、「-1,000」値引(セルD2~セルD4)を表示させます。

ステップ

1.もし、注文金額(セルB2)が¥10,000以上、または、注文回数(セルC2)が5回以上の場合、「-1,000」値引(セルD2~セルD4)を表示させ、すべての条件が一致しない場合、「(空欄)」にする

参照

  • Microsoft「OR関数」– Office Support