RIGHT関数 ~右からの指定文字数を返す~

関数解説:鈴木 ひろえ

構文:

= RIGHT (文字列, 文字数)

※ 文字数は「0以上」を指定する必要があり、省略した場合「1」とみなされる

使用例:

【例1】製造番号から、番号(下4桁)を取り出す

Before / After イメージ

製造番号(セルA1~セルA4)から番号(下4桁)を表示(セルC2~セルC4)させます。

ステップ

製造番号(セルA2)の番号「右端から4文字」を表示(セルC2)させる

【例2】製造番号から代替品の有無を確認する(IF関数と組み合わせる)

Before / After イメージ

製造番号の番号(下4桁)が「0001」の場合、代替品あり「〇」を表示させます。

ステップ

もし、製造番号(セルA2)の番号「右端から4文字」が「0001」の場合、代替品ありの「〇」を表示(セルB2)させ、「0001」ではない場合、「“”(空欄)」を表示(セルB2)させる

参照