FIND関数 ~検索文字が何文字目かを返す~

関数解説:鈴木 ひろえ

構文:

= FIND (検索文字列, 対象, 開始位置)

※ 大文字と小文字は区別されます。
※ワイルドカードは使えません。

使用例:

【例1】製造番号から、「-(半角ハイフン)」は何文字目かを返す

Before / After イメージ

製造番号(セルA1~セルA4)から記号(アルファベット)と番号(数字)の区切り「-(半角ハイフン)」は、左から数えて何文字目かを表示(セルB2~セルC4)させます。

ステップ

「-(半角ハイフン)」が、製造番号(セルA2)の中で左から数えて何文字目かを表示(セルB2)させる

【例2】製造番号から、記号(アルファベット)と番号(数字)を取り出す (MID関数と組み合わせる)

Before / After イメージ

製造番号(セルA2~セルA4)から記号(アルファベット)と番号(数字)を表示(セルB2~セルC4)させます。

ステップ

記号:製造番号(セルA2)の1文字目から、「-(半角ハイフン)」が製造番号(セルA2)の中で何文字目か調べ、その1つ前の文字まで(FIND(“-“,A2,1)-1))を表示(セルB2)させる

番号:「-(半角ハイフン)」が製造番号(セルA2)の中で何文字目か調べ、その1つ後ろの文字から(FIND(“-“,A2,1)+1))、4文字分を表示(セルB2)させる

参照