EOMONTH関数 ~末日を求める~

関数解説:鈴木 ひろえ

構文:

= EOMONTH (開始日, 月)

使用例:

【例1】見積書の有効期限を発行日から1か月後の月の末日となるように表示させたい

Before / After イメージ

発行日(セルA2)から「1か月後の月の末日」(2018/9/30)を、見積書有効期限(セルB2)として表示させます。

ステップ

1.発行日(セルA2)から「1か月後の月の末日」(月数指定:1)を、見積書有効期限日(セルB2)として表示させる

※ 見積有効期限日(セルB2)はシリアル値で返されるため、セルの書式設定で、日付表示されるよう変更します。

【例2】開催日の2か月前の月の1日を申込開始日、末日を申込締切日となるよう表示させたい

Before / After イメージ

開催日(セルA2)から「2か月前の月の1日」(2018/9/1)を申込開始日(セルB2)、末日(2018/9/30)を申込締切日(セルC2)として表示させます。

ステップ

申込開始日:開催(セルA2)から「2か月前の月の1日」(2018/9/1)を、申込開始日(セルB2)として表示させる
「2か月前の月の1日」は、EOMONTH関数の月数指定「-3」で2018/8/31を求めた後、「+1」をすると2018/9/1になる

申込締切日:開催(セルA2)から「2か月前の月の末日」(月数指定:-2)を、申込締切日(セルC2)として表示させる

※ 見積有効期限日(セルB2)はシリアル値で返されるため、セルの書式設定で、日付表示されるよう変更します。

参照