LEM関数 ~文字列の文字数を数える~

関数解説:鈴木 ひろえ

使用例:

【例1】型番/番号の文字数を数える

Before / After イメージ

型番/番号(セルA1~セルA4)の文字数(セルB1~セルB4)を数えます。

ステップ

1.型番/番号(セルA2)の文字数を数える

【例2】1つにまとめられている型番と番号を分けて表示させる(LEFT、RIGHT、FIND関数と組み合わせる)

Before / After イメージ

型番と番号(セルA1~セルA4)を、「型番」(セルB1~セルB4)と「番号」(セルC1~セルC4)に分けます。

ステップ

型番:左から「-」の1つ前までの型番を求める
区切り「-」の左側にある型番は、「-」が何文字目にあるか探したものから「-1」をし(FIND(“-“,A2,1)-1)、型番を求める

番号:右から「-」までの型番を求める
区切り「-」の右側にある番号は、全体の文字数(LEN(A2))から、「-」が何文字目にあるか探したもの(FIND(“-“,A2,1))を引き、番号を求める

参照