meta descriptionタグに関するSEO対策

Googleはガイドラインにて「正確なメタデータ(descriptions)により、クリック率を高めることができます」と述べています。確かにdescriptionの記述を省いても、Googleはコンテンツ内の情報を判断し、スニペットに掲載してくれます。しかし、キャッチコピーや説明文と同じように、description内でページの説明を魅力的かつ正確に表現し、検索結果に表示した方が、クリックしてくれる確立は高いと言えるでしょう。

  • このSEO対策は、株式会社ディテイルクラウドクリエイティブが提供するSEOマスターProfessionalを元に記述しています。SEOマスターProfessionalは、検索エンジンに最も好かれるためのページ修正を、高い精度で行うことができるソフトウェアです。アルゴリズムの随時変更にも対応し、最新の分析データーを元にページの採点や問題点の指摘を行います。
  • nookはSEOマスターProfessionalの正規代理店です。
  • 当サイト記載内容の利用により発生したいかなる損害についても、当サイトは責任を負わないものとします。

(作成:2017-05-06 更新:2017-05-06)

meta descriptionタグ内の文字数

76~108文字が最適とされています。

主要キーワード個数

  • 必ず1つ設置してください。
  • 同じキーワードは1つだけにしてください。

文章の作り方

ページ内のコンテンツを正確にかつ簡潔に表現してください。

参考:説明に含める内容について

説明には、重要な単語を並べることも、内容として可能とされています。例えば、商品ページの場合、価格や発売年、メーカーなどを単語で記載することで、その商品に関連性の高い情報を、検索結果のスニペット状でユーザーに提供することができます。

その他

サイト内のページの説明は同じものではなく、各ページオリジナルのものをつけるようにしてください。