meta keywordsタグに関するSEO対策

Googleはガイドライン中「Googleがサポートしているメタタグ」の中に、meta keywordsタグの記載がなく、またWebmaster Central Blogでもランク要素には含めないと発表しています(”Google does not use the keywords meta tag in web ranking”)。かつてはランク要素に含めていたYahoo!も、現在検索エンジンがGoogleになったことから、SEO対策としてmeta keywordsタグのメンテナンスはあまり効果がないと言えるでしょう。ただ、W3CのWikiの「HTML/jp/Elements/meta」では廃止されているわけではないため、当サイトでは、正しいHTMLの記述として記載すべきと考えています。

  • このSEO対策は、株式会社ディテイルクラウドクリエイティブが提供するSEOマスターProfessionalを元に記述しています。SEOマスターProfessionalは、検索エンジンに最も好かれるためのページ修正を、高い精度で行うことができるソフトウェアです。アルゴリズムの随時変更にも対応し、最新の分析データーを元にページの採点や問題点の指摘を行います。
  • nookはSEOマスターProfessionalの正規代理店です。
  • 当サイト記載内容の利用により発生したいかなる損害についても、当サイトは責任を負わないものとします。

(作成:2017-05-07 更新:2017-05-07)

meta keywordsタグ内のキーワード数

  • テーマにあったキーワードに絞って入れてください。
  • 具体的な数はGoogleガイドラインに明示はありませんが、「キーワードの乱用」ガイドラインを参考に入れるようにしてください。

Googleのガイドライン

2017年5月の時点ではGoogleのサポートに入っていません。そのことを確認する上でも、以下のページは参照してみてください。