COUNT関数 ~個数を数える~

関数解説:鈴木 ひろえ 目的: 数値の個数を数える ※ 論理値、文字列、エラー値の個数を数える場合は、COUNTA 関数を使用してください。 ※ 特定の条件を満たす数値だけを対象とする場合は、COUNTIF 関数または …

read more »

NOW関数 ~現在の日時を求める~

関数解説:鈴木 ひろえ 目的: 現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返す ※ シリアル値:日付は、整数で表され、Windows版は「1900/1/1」、Mac版は「1904/1/1」を「1」として、そこからの経過日数を…

read more »

DATE関数 ~日付を作成する~

関数解説:鈴木 ひろえ 目的: 「年」「月」「日」を組み合わせて日付を表すシリアル値を返す ※ シリアル値:Windows版は「1900/1/1」、Mac版は「1904/1/1」を「1」として、そこからの経過日数を数値化…

read more »

TODAY関数 ~現在の日付を返す~

関数解説:鈴木 ひろえ 目的: 現在の日付に対応するシリアル値を返す ※ シリアル値:Windows版は「1900/1/1」、Mac版は「1904/1/1」を「1」として、そこからの経過日数を数値化したもの 構文: =T…

read more »