VALUE関数 ~文字列を数値に変換~

関数解説:鈴木 ひろえ

目的:

数値や日時等を表す文字列を数値に変換する

構文:

= VALUE (文字列)

使用例:

【例】勤務時間(「分」が60分単位)の給与を計算をしたい

Before / After イメージ

勤務時間(セルB1~セルB4)と時給(セルC1~セルC4)から、給与(セルD1~セルD4)を計算します。

ステップ

1.勤務時間(セルB2)に「24(時間)」をかけて数値化した後、時給(セルC2)をかけ、給与(セルD2)を計算する

参照